お葬式について

歓人セレモニーではお客様に合ったお葬式をご提案する為、事前にご相談をさせていただきます。以下にお葬式の種類やご相談の際によく聞かれるご質問をご紹介致します。

お葬式の種類

ご葬儀の種類を決めるには
「どの程度の人数を呼ぶのか」を
決める事が大切です。
どの範囲の人まで告知するかを
明確にする必要があります。

お葬式をお知らせする範囲

参列者の人数で直接変動する費用は
飲食費(通夜・精進落とし)
返礼品代」等があります。

葬儀の告知をする方を事前に考え、
どなたをお呼びするか
決めておく事が大切です。

家族葬のメリットとデメリット

家族葬のメリットとデメリット

現在主流になりつつあるお葬式のかたちで、家族・お身内様を中心にお見送りします。ゆっくりと最後の時間を偲ぶことができます。

・ご挨拶や接待に時間をとられず、最後のお別れをゆっくりすることができます。
・形式にとわれず、ご遺族の想いを優先したお見送りができます。
・家族葬は基本的に気の知れた親しい方々だけで行いますので、気疲れすることなくリラックスして過ごすことができます。
・葬儀後に告知しなかった弔問者が自宅に訪れる場合があります。
・告知が不十分だと知人から「なぜ知らせてくれなかった」等クレームになる場合があります。
・会葬者が少ないので、香典が少なくなり結果的に支払う費用が一般葬と比べ高くなる場合があります。
一般葬のメリットとデメリット

一般葬のメリットとデメリット

昔ながらの、会葬者をお呼びするお葬式です。家族だけでなく知人・友人・ご近所の方・会社の方、皆様でお見送り致します。

・多くの方に故人を見送ってもらうことができます。
・葬儀後の弔問者の対応が少なくなり、香典の収入も見込めます。
・ご葬儀当日は多くの方と対応することになりますので、体力的にも精神的にも負担が大きくなる場合がございます。
・飲食費や返礼品代等が人数分必要で、費用が大きくなります。
火葬式のメリットとデメリット

火葬式のメリットとデメリット

火葬だけのシンプルなお葬式です。通夜や告別式は行いません。

・祭壇や会葬者の接待費用等が必要ありません。
・ご家族だけの、少人数でのお送りになります。
・通夜・告別式がないので、十分なお別れを行うことができません。
・訃報を知らせなかった方から「なぜ知らせてくれなかった」等クレームになる場合があります。

よく聞かれるご質問

よくあるご質問を以下にまとめました。
他にも疑問や確認等ございましたら、いつでもお問い合わせ下さい。

A.医師から死亡宣告を受けたら弊社歓人セレモニーに電話下さい。病院の指定業者は断ってもらってかまいません。すみやかにお伺いし安置場所へ搬送致します。歓人セレモニーは24時間365日ご葬儀の依頼を受け付けていますのでご安心下さい。
A.ご自宅で安置できない場合は歓人セレモニーにご相談下さい。安置可能な会館・施設をご紹介致します。
A.富田林市周辺のお葬式斎場をご紹介させていただきます。アクセスのしやすさ、自宅からの距離、会館の大きさ等を考え, 一番合ったものをご提案致します。
A.公営斎場では、心づけは必要ありません。他、寺院や各施設は地域によって慣習、金額等が変わりますので、まずは歓人セレモニーにご相談下さい。
A.世帯主以外が死亡した場合、通常世帯主が喪主になります。世帯主が死亡した場合はその配偶者または子とするのが一般的です。是非一度ご家族でご相談下さい。
A.お布施の金額は宗旨宗派、地域、お寺との関係、故人様の功績により変わります。事前相談の際、詳しい情報をお聞きしアドバイス致します。

ページ上部に戻る